うなぎの正体【うなぎ鬼】ネタバレ 感想 結末 無料試し読み

スポンサーリンク

こんにちは!

 

 

漫画大好き2児の母みほこです。

 

 

今回も漫画のネタバレ記事書きます!

 

 

ちょっとグロというか

サスペンス系の漫画です。

 

 

【うなぎ鬼】

という作品です。

 

 

借金に苦しんでいた

主人公・倉見勝(くらみまさる)が

裏家業で50~60キロの謎のコンテナを

運ぶことになる。

 

 

というストーリーなんですが

なかなか不気味な

ゾクゾク寒気がするような作品です。

 

 

興味あればネタバレ前に

無料で読んでみてください

 

 

⇒まんが王国公式

 

 

 

【うなぎ鬼】ネタバレ

『知ってるかい?

うなぎってのはタンパク質なら

なんでも喰っちまうんだそうだ・・・

な・ん・で・も・だぜ』

 

 

主人公の倉見勝は

千脇(ちわき)に拾われ

借金の取り立てという

裏家業をしている。

 

 

そんな勝も

もともとは競艇にハマって

サラ金からお金を借りまくり

とある事務所で保険金自殺を

ほのめかされていた。

 

 

そんなところを千脇に拾われて

裏家業に励んでいたのだった。

 

 

ある日

千脇に呼ばれて

同じ事務所の富田と3人で

ある場所に行くことになった。

 

 

その場所とは

黒牟(くろむ)・・・

 

 

古い建物が立ち並び

カラスが大量に生息している

薄気味悪い街。

 

スポンサーリンク

 

黒牟にあるマルヨシ水産。

 

 

ここで千脇から

マルヨシ水産を束ねる

実の弟を紹介される。

 

 

そして

とある仕事を頼まれる。

 

 

それは

50~60キロのコンテナを

トラックで

ここマルヨシ水産へ届ける

というもの。

 

 

とても簡単な仕事なのに

報酬は1回15万。

 

 

ただし約束事があった。

 

 

コンテナの中身を

知ろうとしたり

見たりしてはいけない

 

 

もしも

コンテナを持ち逃げしたら

タダでは済まされない

というもの。

 

 

その後

隣接する鰻の養殖場で

一癖も二癖もある

従業員たちと顔合わせをする

勝と富田。

 

 

その中の1人が

不気味な何かを

鰻の餌として撒いていた。

 

 

その餌の正体とは・・・!?

 

 

 

本編続きと無料試し読みは

こちらから読めます。

 

 

⇒まんが王国公式

 

 

 

スポンサーリンク