【女同士の熾烈な戦いの結果が気になる】鬼虫(おにむし)ネタバレと感想

スポンサーリンク

こんにちは!

 

 

漫画大好き2児の母みほこです。

 

 

今回は

【鬼虫】

という漫画を読んだので

記事にしていきます。

 

 

この漫画は

原始的な生活をするトラゴと

トラゴたちの住む絶海の孤島に

漂流してきた都の文化を知るマナメとの

女と女の戦いを描いた作品です。

 

 

ここからはネタバレを含む内容なので

知りたくない人は

先に無料で読める試し読みをしてみてください。

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【おにむし】で検索

 

 

 

【鬼虫(おにむし)】ネタバレと感想

いずれの時やありし

東南海中に島ありき

この島

いつの頃より

人の住みなしたるか

知る者もあらず

浮世に遠き島なれど

いつの頃からか

その名を

鬼島と呼ばるる―

 

 

・・・という何か

おどろおどろしい雰囲気から

この漫画は始まりますが

つぎのページからは

そんなおどろおどろしい雰囲気は無くなり

ハダカんぼの幼い子供3人が

遊んでいる和みシーンになりますので

少し拍子抜けです。

 

 

なんて思っていると

一変する出来事が!

 

 

子供の1人トラゴは

海に浮かぶ舟を見つけ

子供の中で最年長のタナ姉えを誘い

舟で遊んでいました。

 

 

もう1人の子供のククリは

舟に乗らず

海辺でカニを見つけ1人で遊ぶ。

 

 

ククリは遊んでいる最中に

トラゴとタナ姉えが遊んでいた舟の

沖まで流されるのを防ぐため

岩に括り付けていたヒモを

誤って外してしまう・・・

 

 

その拍子に舟が沖まで

流されてしまい

トラゴは何とか助かるが

タナ姉えは沖まで流されてしまい

そのまま行方知らずとなる・・・

 

 

タナ姉えが流されてしまった原因は

ククリ以外は知らないので

その後大人たちに

タナ姉えが流されたのは

トラゴのせいだと言われ

トラゴは一晩中お仕置きとして

断崖絶壁に立つ木に吊るされる

ことになってしまう。

 

 

そして数年後

すっかり大人になり

夫婦となったトラゴとククリ。

 

 

その2人が

海で漂流してきた

タナ姉え似のマナメ

を助けることで

島民たちが大きく変わっていく。

 

 

漂流者は捨てろという

島の権力者と対立し

マナメをかばうトラゴだが

島の若い男を手玉にとっていく

マナメと次第に対立を深めていく。

 

 

そして

女同士の熾烈な戦い

が始まる!

 

 

トラゴとマナメの戦いの結果は?

 

 

マナメの正体は?

 

 

タナ姉えの安否は?

 

 

その答えは

本編にて確かめてみてください。

 

 

無料試し読みもできます。

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【おにむし】で検索

 

 

 

スポンサーリンク