手違いから闇トーナメント出場【拷問トーナメント】あらすじ ネタバレ画像 結末 無料試し読み

スポンサーリンク

こんにちは!

 

 

まんが大好き2児の母みほこです。

 

 

今回は

 

【拷問トーナメント

 

を読んだので記事にしていきます。

 

 

ひょんなことから

とんでもない闇トーナメントに

巻き込まれた人間の

心理の変化に恐怖を感じた作品です。

 

 

グロ描写ありますので

苦手な人は閲覧注意です!

 

 

 

無料で試し読みできますので

試してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【ごうもんトーナメント】で検索

 

『まんが王国』先行配信作品です!

 

 

 

拷問トーナメント あらすじ

ある日

高校生の太田俊輔は

駅で自分に瓜二つの男の

自殺に出くわした。

 

 

その翌日・・・

学校の帰り道に

俊輔は拉致される。

 

 

次に俊輔が目覚めると

檻の中。

 

 

そこは

拷問吏たちが

どちらの対象者に早く

秘密を吐かせるかを競いあう

”拷問トーナメント”

の会場だった。

 

 

俊輔は”白の貴公子”として

”黒い月”との戦いを開始した!

 

スポンサーリンク

 

拷問トーナメント データ

 

作品名:拷問トーナメント

作者:高遠由子・アオイセイ

ジャンル:青年コミック・サスペンス・ミステリー

掲載誌:D-side

価格:500ポイント

 

 

 

拷問トーナメント 感想

最近ありがちな設定の

グロ漫画かと思って読んだのですが

主人公・俊輔の恐怖から逃れたいという

心の変化と駆け引きが

手に汗握る作品でした。

 

 

設定は何処かで読んだような

拉致されて

生き残りをかけたサバイバルとか

そんな感じなのですが

お互いに傷付け合うのでなく

一方的に攻撃し

その攻撃した加害者2人が

競い合うというには

ちょっとなかった設定です。

 

 

作品のタイトルからもわかるように

グロ描写はあるのですが

ソフトな感じなので

グロがどうしてもダメ・・・

という人でなければ

読んでみてほしいです。

 

 

まずは無料で読める試し読み

あるので読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【ごうもんトーナメント】で検索

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク