命をかけた美容外科【パンドラ美容外科~生まれ変わる女たち~】3話 ネタバレ画像 結末 無料試し読み

スポンサーリンク

こんにちは!

 

 

まんが大好き2児の母みほこです。

 

 

今回も

 

【パンドラ美容外科

~生まれ変わる女たち~

 

のネタバレをしていきます!

 

 

 

ネタバレ前に完全無料で読める

無料試し読みしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【パンドラびようげか】で検索

 

 

 

元アイドルの消したい過去【パンドラ美容外科~生まれ変わる女たち~】2話 ネタバレ画像 結末 無料試し読み

2017.09.06

 

 

 

第3話「最後の化粧」ネタバレ

相澤春也は日本人初の

国際絵画展でグランプリをとった画家。

 

 

銀座のギャラリーで画展を開き

トークショーを行っていた。

 

 

グランプリを取った絵のモデルが

相澤にとって

最も大切な女性

だと話をする。

 

 

でもその女性はある日突然

相澤の前から姿を消し

2度と会うことは無かった・・・

 

 

相澤はグランプリを取った絵のおかげで

絵描きとしてメシが食えるようになれたと

それは間違いなくその女性のおかげだと言う。

 

 

その話を聞きながら涙を流す

ふくよかな女性は

トークショーの途中で席を立ち

足をピョコピョコと引きずりながら

会場を出て行く。

 

 

そのふくよかな女性の歩き方を見て

相澤はどこかで会ったような

気がしていた。

 

スポンサーリンク

 

2日後

パンドラ美容外科を訪れたのは

あのふくよかな女性。

 

 

女性は夏川ゆりといい

相澤がグランプリを取った絵の

写真も持ってきて

同じにしてほしいと言う。

 

 

その写真はゆりの

12年前の姿であった。

 

 

望美は

痩せたいならエステでも

ジムでも行って

ダイエットすればいいと言うが

ゆりは

「それじゃあ間に合わないんです・・・!」

と言い自分の余命が3ヶ月の末期がんで

治る余地は無く

自宅で終末期医療を受けていると言う。

 

 

それを聞いた望美は

「気は確かなの・・・?

そんな身体で美容整形なんて

どういうつもり!?」

と問い質す。

 

 

すると

「だからこそここへ来ました・・・

私にはもう時間がないんです!

どんなサプリも・・・

エステもジムも

もう間に合いません!!

だから・・・!!」

と必死に望美に訴えるゆり。

 

 

それを聞いた望美は真剣な顔で

「美容整形でダイエットとなると

脂肪吸引になります・・・

そのオペの結果で

ガンが悪化する可能性もあるし

寿命を縮めることにだってなり兼ねない!

それに脂肪吸引は死亡例もある

危険を伴うオペなの!!」

とゆりに伝える。

 

 

しかしゆりの決意は揺るがず

「構いません!!」

と言う。

 

 

望美は

「バカなことを言わないで!!

お断りします!

医者として出来ません!

お帰りください!!」

とゆりに言うが

ゆりはその壮絶な半生を語り出す・・・

 

 

ゆりの過去とその後は

本編から読むことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【パンドラびようげか】で検索

 

 

 

スポンサーリンク