吹石の突然の告白【血の轍(ちのわだち)】3話 ネタバレ画像 結末 無料試し読み

スポンサーリンク

こんにちは!

 

 

まんが大好き2児の母みほこです。

 

 

今回も

 

【血の轍(ちのわだち)

 

のネタバレをしていきます!

 

 

 

ネタバレ前に完全無料で読める

無料試し読みしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【ちのわだち】で検索

 

 

 

母親の息子への思いがけない行動【血の轍(ちのわだち)】2話 ネタバレ画像 結末 無料試し読み

2017.09.13

 

 

 

第3話「夏の入り口」ネタバレ

あれ以来

毎週土日は父親の姉としげるが

静一の自宅に遊びに来るようになっていた。

 

 

静一は少し迷惑だと思うが

静子と父親の姉が楽しそうに話しているので

良かったと思っていた。

 

 

終業式の学校では

先生が夏休み中の注意事項を伝えていた。

 

 

帰宅しようとした静一に

「いっしょに帰るんべ」

と話しかけてくるのは

仲良しの男友達3人だった。

 

 

その時

教室の窓辺では吹石と女友達が

何か話しているのが見えていた。

 

 

下校途中の道で

これから遊ぶ約束をする友達たちだが

静一はいとこがくるからと断って

1人で帰宅していく。

 

スポンサーリンク

 

その途中

「長部ー!」

と声がして静一が振り向くと

そこには吹石と

教室で吹石と話をしていた女子の2人が

はあはあと息を切らせていた。

 

 

女子は

「吹石がね

長部と一緒に帰りたいんだって」

と言ってきて

静一は驚く。

 

 

肝心の吹石は

恥ずかしそうに下を向いていた。

 

 

女子はそれだけを言うと

「じゃーね」

とその場を去っていく。

 

 

顔を赤くした吹石は静一に

「だめ?」

と聞くと静一は

「だめじゃないけど・・・」

と視線を少し外して答える。

 

 

セミの声が鳴り響く中

2人は沈黙で歩いて行く。

 

 

その途中

道に居る猫に気付いて駆け寄り

猫を撫でる吹石。

 

 

「こんどさ

うちに遊びに行っていい?」

と猫と戯れたまま静一に言う吹石。

 

 

「なんで?」

と静一が聞くと・・・

 

 

「あー

なんか変な期待したんべ今ー!」

と顔を赤くして言う吹石。

 

 

「してねーよ!

バーカ!」

と静一は吹石から視線を逸らして言う。

 

 

「いつがいい?

ダメ?」

と吹石が更に問い詰めると

「いとこが来ると遊べないから

聞かないと分からない」

と答える静一。

 

 

それを聞いた吹石は

「じゃあわかったら電話して!

約束だよ」

と静一の目を見ながら言う。

 

 

家に着いた静一が

「ただいまー」

とまだ顔を赤くしたまま帰宅すると

おかえりと笑顔で静一を迎える静子。

 

 

通知表見せてという静子に

素直に渡す静一。

 

 

体育が3という意外は

すべて5の通知表を見た静子は

「すごいんね

静ちゃんはいつも」

と静一の頬を撫でる。

 

 

「あれ?

今日はやけに大人しく

触らせてくれるんね?」

と静一の頬を触ったまま言う静子。

 

 

「あのさ

友達

うちに呼んでもいい?」

と静一が切り出す。

 

 

すると静子は

静一の普段と違う様子を感じ取る・・・

 

 

本編の続きと無料試し読みは

こちらから読むことができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国公式へ

【ちのわだち】で検索

 

 

 

しげるの危ないイタズラ【血の轍(ちのわだち)】4話 ネタバレ画像 結末 無料試し読み

2017.09.13

 

 

 

スポンサーリンク